第74回人権週間行事の実施について 

更新日:2022年12月9日

人権週間について

 昭和23年(1948年)12月10日、国際連合第3回総会において、全ての人民と全ての国とが達成すべき共通の基準として、「世界人権宣言」が採択されました。世界人権宣言は、基本的人権尊重の原則を定めたものであり、初めて人権保障の目標ないし基準を国際的にうたったものです。採択日である12月10日は、「人権デー(Human Rights Day)」と定められています。
 法務省の人権擁護機関では、昭和24年(1949年)から毎年、人権デーを最終日とする1週間(12月4日から同月10日まで)を「人権週間」と定め、全国的に各種人権啓発活動を実施し、広く国民の皆様に人権意識の普及高揚を呼びかけているところです。
 第74回人権週間ポスターに描かれている「『誰か』のこと じゃない。」という言葉は、昨年度に引き続き、今年度の法務省人権擁護機関の活動目標とする人権啓発キャッチコピーです。今、私たちの周りには、多くの人権問題が起こっていて、この問題を解決するためにいろいろな人々が活動されています。これらの問題を、「誰か」のこととして知らないふりをするのではなく、「自分のこと」として捉えて行動してもらえるようにしていこう、という意味が込められています。「人権週間」を迎えるに当たって「思いやりの心」や「かけがえのない命」について、改めて考えていただくきっかけになってほしいと願っています。

 第74回人権週間ポスター(PDF形式)

人権週間行事について

 奈良県人権啓発活動ネットワーク協議会(奈良地方法務局、奈良県人権擁護委員連合会及び奈良県)においては、第74回人権週間行事として、「中学生人権作文表彰式と人権のつどいin平群」12月10日(土)平群町総合文化センター(くまがしホール)において開催する予定です。本つどいにおきましては、中学生による人権作文の朗読を通じ、多くの方々に人権尊重の重要性について理解を深めていただく機会になればと願っています。
 なお、実施に当たっては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、マスク着用や手指の消毒等の感染対策を徹底するとともに、会場への入場者数を180人までとさせていただきますので、御理解と御協力をお願いします。
 また、今後の新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、本行事の開催を中止させていただく場合がありますので、あらかじめ御了承ください(最新の情報につきましては、奈良地方法務局ホームページ上の新着情報を御確認いただくか、奈良地方法務局人権擁護課(0742-23-5457)までお問い合わせください。)。
 本つどいの詳細については、以下のとおりです。
 御不明な点などがございましたら、奈良地方法務局人権擁護課(0742-23-5457)までお問い合わせください。

※ 12月9日時点において、人権のつどいin平群は予定日時から開始させていただきますが、平群中学校吹奏楽部による吹奏楽部演奏については、やむを得ない事情によりキャンセルさせていただくことになりましたので、あらかじめ御了承ください


 人権のつどいin平群(PDF形式)

奈良地方法務局奈良地方法務局の業務取扱時間
〒630-8301 奈良市高畑町552
電話:0742-23-5534(代表)