不動産登記における評価額のない建物の課税標準について

更新日:2018年2月26日

 登録免許税の課税標準たる不動産の価格については,固定資産税課税台帳に登録された不動産の価格(以下「評価額」といいます。)とされていますが,評価額のない建物については,横浜地方法務局では,平成30年4月1日から本表により算出した価格が課税標準となりますので,ご活用ください。

新築建物等課税標準価格認定基準表(平成30年4月1日から)
経年減価補正率表(平成30年4月1日から)
建物の種類別の認定基準対応表(平成30年4月1日から)

 なお,平成30年3月31日までは,以下の表により算出した価格が課税標準となります。

新築建物等課税標準認定基準表(平成30年3月31日まで)
経年減価補正率表(平成30年3月31日まで)
建物の種類別の認定基準対応表(平成30年3月31日まで)

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。Adobe Reader ダウンロードページ
※上記プラグインダウンロードのリンク先は2015年3月時点のものです。

横浜地方法務局横浜地方法務局の業務取扱時間
〒231-8411 横浜市中区北仲通5丁目57番地 横浜第2合同庁舎
電話:045-641-7461(代表)