自筆証書遺言書保管制度について

更新日:2020年7月2日

 令和2年7月10日(金)から,全国の法務局において,自筆で書いた遺言書を保管する「自筆証書遺言書保管制度」が始まります。
 自筆証書遺言は,相続をめぐる紛争を防止するために有効な手段であり,自書さえできれば本人のみで手軽に作成でき,自由度の高いものですが,遺言書を作成した本人の死亡後,相続人等に発見されなかったり,一部の相続人等により改ざんされる等のおそれがあります。
 この自筆証書遺言のメリットは損なわず,問題点を解消するための方策として,本制度が創設されました。ご自身の財産をご家族へ確実に託す方法の一つとして自筆証書遺言を検討されるに当たっては,ぜひ本制度をご活用ください。
 なお,本制度の概要については,以下をクリックして確認願います。
 
 
 

自筆証書遺言書保管制度の手続に係る予約

 本制度では,遺言書の保管の申請,遺言書の閲覧の請求等を始めとする法務局(遺言書保管所)において行う全ての手続について,予約が必要となっています。
 これは,法務局(遺言書保管所)において行う手続につきましては,それぞれ各種手続の処理に,一定程度時間を要するため,手続の順番をお待ちいただくことのないようにすることを目的としています。
 そのため,予約をせずに法務局(遺言書保管所)にお越しいただいた場合,予約が優先されるため,長時間お待ちいただくことになったり,その日に手続ができないことがあります。
 

自筆証書遺言書保管制度の手続の予約方法

 予約方法は次の3つとなります。
 
1 法務局手続案内予約サービスの専用ホームページにおける予約(24時間365日)  こちらをクリック願います。→ ( https://www.legal-ab.moj.go.jp/houmu.home-t/
                                
2 法務局(遺言書保管所)への電話による予約
  手続を行う予定の各法務局(遺言書保管所)へ,お電話にてお申込みください。
  (平日8時30分から17時15分まで(土・日・祝日・年末年始は除く))
   ※時間帯によっては,お電話がつながりにくいことがあります。
 
3 法務局(遺言書保管所)の窓口における予約
  手続を行う予定の各法務局(遺言書保管所)の窓口へ直接お申込みください。
  (平日8時30分から17時15分まで(土・日・祝日・年末年始は除く))
   ※法務局職員(遺言書保管官)が手続対応中である場合,お待ちいただくことがあります。

遺言書保管手続を行う法務局(遺言書保管所)

自筆証書遺言書保管の申請ができる法務局(遺言書保管所)は以下のいずれかを管轄する法務局になります。

 1 遺言者の住所地
 2 遺言者の本籍地
 3 遺言者が所有する不動産の所在地
 
 ※詳しくは,以下をクリックして確認願います。
 

札幌法務局札幌法務局の業務取扱時間
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目1番1 札幌第1合同庁舎1階・2階
電話:011-709-2311(代表)