成年後見登記について

更新日:2016年9月1日

証明書手数料額の引き下げ
平成23年4月1日から証明書の手数料が変更になりました。
【窓口又は郵送による証明書の交付請求】

証明書の種類 変更前 変更後
登記事項証明書 (あること証明) 800円 550円
登記されていないことの証明書 400円 300円
※ 窓口又は郵送による請求の場合です。 
※ 郵送による請求は東京法務局民事行政部後見登録課のみの取扱いとなります。 
※ 変更前の金額で納付した場合,返金を求める際には,別途,償還請求の手続きが必要となりますので,印紙購入の際には金額にご注意ください。

証明書手数料の納付方法の変更 
●平成23年4月1日から証明書手数料の納付方法が登記印紙から収入印紙へと変更になりました。ただし,登記印紙をお持ちの方は,引き続き登記印紙を使用することができます。

成年後見制度とは

どんな制度?
●認知症,精神障害などの理由で判断能力が不十分な方々は,財産(不動産・預貯金等)を管理したり,介護サービス施設への入所に関する契約を結んだりすることが困難な場合があります。また,自己に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい,悪徳商法の被害にあうおそれもあります。
このような判断能力が不十分な方々の財産や権利を守るため,成年後見人等を選ぶことで本人を法的に保護・サポートする制度です。
●成年後見制度を利用すると,東京法務局でその旨の登記がなされ,証明書の発行が可能となります。
 
どんな種類があるの? 
●成年後見制度は,大きく分けると「法定後見制度」と「任意後見制度」の2つがあります。
【法定後見制度】 
・法定後見制度は,判断能力の程度に応じ,「後見」「保佐」「補助」の3つに分かれており,家庭裁判所に審判の申立てをすることによって,「成年後見人」「保佐人」「補助人」が選任されます。
【任意後見制度】 
・任意後見制度は,将来,判断能力が不十分になった場合に備えて,あらかじめ自ら選んだ代理人(任意後見人)に財産管理や療養看護などについて代理権を付与する契約を公証人の作成する公正証書で結んでおくというものです。

証明書の種類(登記事項証明書)

登記されていないことの証明書(ないこと証明) 
●法定後見及び任意後見を受けていないことを証明するもの。 
●成年後見人等の申立て,保護者選任の申立て,建設業許可申請,古物営業,警備業の登録などの際に必要となります。

※「身分証明書(身元証明書)」とは異なります。 
「身分証明書(身元証明書)」は本籍地の市区町村役場での取扱いとなりますのでご注意ください。

登記事項証明書(あること証明)
●後見等開始の審判がなされて,審判書を受領してから2週間が経過すると審判が確定します。
●審判が確定すると家庭裁判所から東京法務局に登記嘱託され,約1週間で登記が完了します。
●登記が完了すると家庭裁判所から「登記番号通知書」が送付されますので,その後は証明書の発行が可能となります。
●証明申請書に登記番号を記入する欄がありますので,「登記番号通知書」をお持ちください。

証明書の発行について

窓口での取扱い
●全国の法務局・地方法務局の本局戸籍課の窓口で証明書の発行を受けられます。
●愛知県内では名古屋法務局戸籍課(本局3階)で発行業務を行っており,業務時間は,祝日,年末年始(12月29日~1月3日)を除く月曜日から金曜日までの8:30~17:15となっています。なお,12:00~13:00の間も取り扱っています。
※ 支局,出張所では証明書の発行は取り扱っていません。

郵送又はオンラインによる証明書の取扱い
●東京法務局民事行政部後見登録課のみの取扱いとなります。
●郵送による交付請求
【送付するもの】
(1) 申請書
⇒申請書は名古屋法務局ホームページ,又は,最寄りの法務局(支局・出張所)で入手できます。
⇒申請に必要な印紙は最寄りの法務局で入手できます。
(2) 本人確認書類のコピー
⇒運転免許証,健康保険証,パスポート等,氏名及び生年月日が確認できるもの
(3) 返信用封筒
【申請書送付先】
〒102-8226
東京都千代田区九段南1-1-15 九段第2合同庁舎4階
東京法務局民事行政部後見登録課
●オンラインによる交付請求
http://www.touki-kyoutaku-net.moj.go.jp/toukinet/top.html
でご確認下さい。
※ その他不明な点がありましたら,以下の問い合わせ先にご連絡ください。
●問い合わせ先 東京法務局民事行政部後見登録課
03-5213-1234(代表)
03-5213-1360(ダイヤルイン)

手数料

登記されていないことの証明書(ないこと証明)
●1通につき300円(収入印紙で納付。ただし,登記印紙をお持ちの方は,引き続き登記印紙でも納付していただけます。)
●印紙売り場は,2階フロア内にございます。 
※ 平成23年4月1日から納付印紙と手数料が変更になりました。 
 
登記事項証明書(あること証明) 
●1通につき550円(収入印紙で納付。ただし,登記印紙をお持ちの方は,引き続き登記印紙でも納付していただけます。)
●印紙売り場は,2階フロア内にございます。 
 ※ 平成23年4月1日から納付印紙と手数料が変更になりました。

お持ちいただくもの

本人が来庁する場合
(1) 本人確認ができるもの(運転免許証,健康保険証など) 
(2) 印鑑(認印) 
(3) 手数料(収入印紙。ただし,登記印紙をお持ちの方は,登記印紙でも納付していただけます。)
※ 平成23年4月1日から納付印紙と手数料が変更になりました。 
 
本人の配偶者又は四親等内の親族が来庁する場合 
(1) 本人との親族関係が確認できるもの(戸籍謄本,住民票など)又は委任状 
(2) 来庁者の本人確認ができるもの(運転免許証,健康保険証など) 
(3) 印鑑(認印) 
(4) 手数料(収入印紙。ただし,登記印紙をお持ちの方は,登記印紙でも納付していただけます。)
※ 戸籍謄本は,本人との関係が確認できるものが必要になります。 
※ 住民票の場合,「続柄」の記載のあるものが必要になります。 
※ 戸籍謄本や住民票は発行後3ヶ月以内のものが必要となります。
※ 平成23年4月1日から納付印紙と手数料が変更になりました。 
 
本人から委任を受けた代理人が来庁する場合 
(1) 委任状 
(2) 代理人の本人確認ができるもの(運転免許証,健康保険証など) 
(3) 印鑑(認印) 
(4) 手数料(収入印紙。ただし,登記印紙をお持ちの方は,登記印紙でも納付していただけます。)
※ 平成23年4月1日から納付印紙と手数料が変更になりました。 
 
本人の配偶者又は四親等内の親族から委任を受けた代理人が来庁する場合
(1) 委任状(親族から代理人への委任) 
(2) 本人と委任者の親族関係が確認できるもの(戸籍謄本,住民票など) 
(3) 代理人の本人確認ができるもの(運転免許証,健康保険証など) 
(4) 印鑑(認印) 
(5) 手数料(収入印紙。ただし,登記印紙をお持ちの方は,登記印紙でも納付していただけます。)
※ 平成23年4月1日から納付印紙と手数料が変更になりました。 
 
※ その他不明な点がありましたら,以下の問い合わせ先にご連絡ください。 
●問い合わせ先
名古屋市中区三の丸二丁目2番1号 名古屋合同庁舎第1号館
名古屋法務局民事行政部戸籍課
052-952-8111(代表)

申請書・委任状・記載例

登記されていないことの証明書(ないこと証明)

本人申請の場合 (PDF形式 : 373KB)

本人の配偶者又は四親等内の親族が申請する場合 (PDF形式 : 421KB)

本人から委任を受けた代理人が申請する場合 (PDF形式 : 377KB)

本人の配偶者又は四親等内の親族から委任を受けた代理人が申請する場合 (PDF形式 : 416KB)

登記事項証明書(あること証明)

成年後見人等が申請する場合 (PDF形式 : 91KB)

成年後見人等から委任を受けた代理人が申請する場合 (PDF形式 : 91KB)

委任状

登記されていないことの証明書の場合
登記されていることの証明書の場合

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。Adobe Reader ダウンロードページ
※上記プラグインダウンロードのリンク先は2015年3月時点のものです。

名古屋法務局名古屋法務局の業務取扱時間
〒460-8513 名古屋市中区三の丸2丁目2番1号 名古屋合同庁舎第1号館
電話:052-952-8111