不動産登記

更新日:2016年1月26日

 不動産登記とは,国民の大切な財産である不動産(土地や建物)の一つ一つについて,どこにあって,どれくらいの広さがあって,どなたが持っているのかといった情報を,法務局の職員(登記官)が専門的な見地から正しいのかを判断した上でコンピュータに記録することをいいます。
 この登記をすることによって,不動産に関する情報が公示されることから,国民の権利の保全が図られ,また不動産登記の取引の安全のためにも役立っています。

不動産登記のABC

不動産登記のよくあるご質問等

不動産登記法Q&A

 

登録免許税について

オンライン申請について

 

不動産登記を申請される方へ
※ オンラインにより申請される場合は,「オンライン申請について」をご覧ください。

 

登記事項証明書等を請求される方へ
※ オンラインにより申請される場合は,「オンライン申請について」をご覧ください。

 

インターネットを利用した登記情報の提供制度について

 

筆界特定制度について

 

いわゆる「山地番・耕地番」の解消作業について

 

最近の主な不動産登記法令の改正について

 

次期登記情報システムの詳細設計等に関する監査結果について[PDF]

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。Adobe Reader ダウンロードページ
※上記プラグインダウンロードのリンク先は2015年3月時点のものです。