登記事項証明書の説明及び請求方法

更新日:2017年9月1日

登記事項証明書の説明

 成年後見人等となっている方が,本人に代わって契約等を行う際に,この「登記事項証明書」を提示して該当する権限を有していることを証明するため等の利用が考えられます。
 「登記事項証明書」を請求できる方は,成年被後見人・成年後見人・成年後見監督人等の当事者,本人(成年被後見人等)の四親等内の親族及びそれらの方から委任を受けた代理人など一定の方に限定されています。したがいまして,取引の相手方等からの請求はできません。

登記事項証明書の請求方法

 所定の申請用紙に必要事項を記載し,必要な添付書類と共に下記の窓口に直接お越しいただくか, 郵送(※東京法務局のみの取扱い)により請求していただきますようお願いいたします。
 なお,住所地,本籍地による申請窓口の制約はありません。

申請用紙

  1. 添付書類
    (1)成年被後見人,成年後見人,成年後見監督人等の登記されている当事者が申請する場合
     証明書を申請する方(代理申請の場合は代理人)の本人確認ができる書類(運転免許証,健康保険証,パスポート,住基カード,マイナンバーカード等)の提示をしていただきますようお願いいたします。
     郵送で申請される場合は,上記のいずれかの書類のコピーを同封していただきますようお願いいたします。
     
    (2)成年被後見人等の四親等内の親族が申請される場合
     成年被後見人等の四親等内の親族が申請される場合は,四親等内の親族の方の上記(1)の書類と四親等内の親族であることを証する戸籍謄本等の添付が必要です。
     ※戸籍謄本等の還付(返却)を希望される場合は,こちら
     
    (3)成年被後見人等または成年後見人等から委任を受けて申請する場合
     成年被後見人等または成年後見人等から委任を受けて申請する場合は,代理人自身の上記(1)の書類と委任状が必要になります。
     また,成年被後見人等の四親等内の親族から委任を受けて申請する場合は,上記(1),(2)の書類と委任状が必要になります。
  2. 申請手数料
     証明書発行手数料として申請用紙の所定の場所に通数分の収入印紙を貼ってください。
     収入印紙は,郵便局及び法務局(支局・出張所を含む。ただし申請は不可)で印紙売場が設置されているところなどで入手できます。

窓口で申請する場合

  1. 東京法務局後見登録課または全国の法務局・地方法務局の本局の戸籍課で取扱っております。
     ※いずれの局も支局・出張所での取扱はしておりません。
  2. 取扱い時間・・・8:30~17:15(12:00~13:00を含む)
  3. 所要時間・・・約10分から20分程度

郵送で申請する場合

  1. 郵送での取扱いは,住所地,本籍地に関係なく,全て東京法務局後見登録課の一カ所のみとなっております。
     ※東京局以外は窓口申請のみとなっております。
  2. 返信用封筒
     申請書等の他に,必ず切手を貼り,返送先を明記した返信用封筒を同封してください。
  3. 所要期間
     郵便が到着してから証明書作成まで概ね2~3日,したがいまして,お客様が申請書を送付されてからお手元に届くまでにトータルで約1週間から10日程度となっております。

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。Adobe Reader ダウンロードページ
※上記プラグインダウンロードのリンク先は2015年3月時点のものです。

東京法務局東京法務局の業務取扱時間
〒102-8225 東京都千代田区九段南1丁目1番15号
電話:03-5213-1234(代表)