筆界特定制度

更新日:2019年10月22日

筆界特定制度とは

 登記された土地の区画の線を登記名義人などの申請に基づき,筆界特定登記官が明らかにする制度です。公図の線は現地のどこにあるのかわからない場合や,お隣の方と境界(筆界)の認識が相違する場合に利用されています。

筆界特定制度の御案内(法務省ホームページ)
境界問題でお困りの方へ(PDF)

境界問題についてのお問合せ

●筆界特定制度についてのお問合せ
 仙台法務局民事行政部不動産登記部門
   筆界特定室 電話 022-225-5752

●土地家屋調査士会ADRについてのお問合せ
 宮城県土地家屋調査士会
 みやぎ境界紛争解決支援センター(http://www.miyagi-chousashi.jp/adr/index.html
 電話 022-225-3804

筆界特定情報

筆界特定をした旨の公告(平成31年第6号) (PDF形式 : 4KB)

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。Adobe Reader ダウンロードページ
※上記プラグインダウンロードのリンク先は2015年3月時点のものです。

仙台法務局仙台法務局の業務取扱時間
〒980-8601 仙台市青葉区春日町7番25号 仙台第3法務総合庁舎
電話:022-225-5611(代表)