公証人押印証明について

更新日:2015年3月2日

1 公証人押印証明とは

 公証人押印証明とは,外国の官公署等に提出するために,公証役場で認証を受けた書類(私署証書)等に対して,公証人の所属する(地方)法務局長が,認証の付与が在職中の公証人によりその権限に基づいてされたものであり,かつ,その押印は真実のものである旨の証明を付与するものです。
 神戸地方法務局では,兵庫県内の公証役場で認証を受けた書類等に対して,神戸地方法務局長の証明を付与します。

2 申請方法

 下記3の窓口に,兵庫県内の公証役場で認証を受けた書類(私署証書)等の原本を,ホチキスを外したり加筆することなく,お持ちになって来庁していただき,窓口に備付けの公証人押印証明申請書に必要事項を記載して申請してください。証明は,即日付与します。
  印鑑,交付手数料及び委任状(代理人が申請する場合)は不要です。
 
 ※公証人押印証明申請書 (申請書【PDF】)

3 申請窓口

 神戸地方法務局総務課(地図はこちら
 〒650-0042
 兵庫県神戸市中央区波止場町1-1
 神戸第二地方合同庁舎
 電話:078-392-1821(代表)
 受付時間:午前8時30分~午後5時15分(ただし,土日祝を除く。)
 

神戸地方法務局神戸地方法務局の業務取扱時間
〒650-0042 神戸市中央区波止場町1番1号 神戸第2地方合同庁舎
電話:078-392-1821