人権啓発活動

更新日:2022年5月20日

法務局、人権擁護委員、人権啓発活動ネットワーク協議会の取組


 法務局では、人権擁護委員とともに、 皆さん一人一人の人権意識を高め、人権への理解を深めてもらうために、シンポジウムや講演会を開催したり、子どもたちや企業を対象に人権教室を実施したり、新聞やインターネットなど多様な媒体で広報を実施したりするなど、様々な活動を行っています。
 以下では、法務局と人権擁護委員、人権啓発活動ネットワーク協議会が実施している主な人権啓発活動を紹介します。
 ぜひご視聴・ご参加ください。

NEWS

第69回(令和4年度)中学生人権作文コンテストを実施します! (PDF形式 : 324KB)

第68回中学生人権作文コンテスト実施結果 (PDF形式 : 188KB)

人権研修(大人の人権教室)のご案内

 企業等からの要望に応じて、無料で法務局職員又は人権擁護委員を講師として派遣し、人権研修(大人の人権教室)を実施しています。
 企業の「ビジネスと人権」への対応が注目され、企業には人権に関する取組が求められています。
 パワハラ、セクハラといった各種ハラスメントや不当な差別など、企業活動の中で発生する人権問題は、個人の人権を侵害するだけでなく、職場環境の悪化や生産性の低下、企業イメージの悪化などにもつながるものです。
 ハラスメントなどを防止するため、職場で人権に関する研修を実施してみませんか。

  人権研修の申込みはこちら(様式1)
  人権研修受講報告書(様式2)

人権教室のご案内

  主に園児や児童生徒、学生の方々を対象に、人権擁護委員や法務局職員が学校等に出向いて「人権教室」を実施しています。
    人権教室では、様々な人権のテーマについて、動画や紙芝居などを使って、思いやりの心や命の大切さについて考えてもらっ
 たり、お互いの違いを理解し、認め合う「心のバリアフリー」の大切さを学んでもらったり、携帯電話会社等が行うスマホ・
 ケータイ安全教室と連携して、インターネット上の人権問題について学んでもらったりするなど、様々な工夫をしながら、子ど
 もたちに人権の大切さを伝えています。

人権について学びませんか? (PDF形式 : 210KB)

全国中学生人権作文コンテスト

 次代を担う中学生の皆さんに、日常の家庭生活や学校生活等の中で得た経験に基づく作文を書いてもらい、それを通して、人権尊重の大切さや基本的人権についての理解を深め、豊かな人権感覚を身につけてもらうため、「全国中学生人権作文コンテスト」を実施しています。
 中学生という多感な時期に、自分や周りの人の人権について考え、それを言葉にするという貴重な経験を、できるだけ多くの中学生に体験してもらいたいと思います。

 また、こちら(法務省ホームページ)で、これまでの入賞作品を読むことができます。

第69回(令和4年度)中学生人権作文コンテストの実施について

第69回(令和4年度)中学生人権作文コンテスト
実施要領
応募票(実施要領の別添)
生徒宛て「募集のご案内」
Word原稿用紙
学校名、学年、氏名、題名、作品テーマ番号の記入方法について
 

【参考】第68回中学生人権作文コンテスト表彰式 (PDF形式 : 820KB)

過去の実施結果一覧

過去の実施結果も掲載しています。以下の一覧からご覧ください。

令和3年度実施結果(第68回)

令和元年度実施結果(第67回)

平成30年度実施結果(第66回)

平成29年度実施結果(第65回)

平成28年度実施結果(第64回)

人権の花運動

 子どもたちに、花を育てることを通じて命の尊さを実感してもらい、その中で、優しさや思いやりの心を身に付けてもらうために、「人権の花運動」を行っています。
 人権啓発活動ネットワーク協議会と地方公共団体との連携の下、主に小学校で実施しており、育てた花を社会福祉施設に送ったり、鑑賞会を開いたりすることで、地域の方々にも人権の大切さを改めて考えてもらうきっかけとなっています。

  実施の様子はこちら

ヘイトスピーチ、許さない。

 ヘイトスピーチは、人々に不安感や嫌悪感を与えるだけでなく、人としての尊厳を傷つけたり、差別意識を生じさせることになりかねません。一人一人の人権が尊重され、豊かで安心できる成熟した社会の実現を目指す上で、こうした言動は許されるものではありません。
 民族や国籍等の違いを認め、互いの人権を尊重し合う社会を共に築きましょう。

 ヘイトスピーチについての詳細はこちら
 

スポーツ組織と連携・協力した人権啓発活動

大阪法務局では、スポーツ組織と連携・協力した人権啓発活動を実施しています。

⚫令和3年度は以下のとおり実施しました。
【セレッソ大阪と連携・協力した人権啓発活動】
    日にち   令和3年11月14日(日)
    場 所 南津守さくら公園スポーツ広場
    内 容 子ども人権サッカー教室
  当日の様子については、こちら

   日にち  令和3年11月20日(土)、27日(土)
   場 所  ヨドコウ桜スタジアム
   内 容  スタジアム啓発
   当日の様子については、こちら

【ガンバ大阪と連携・協力した人権啓発活動】
    ガンバ大阪の選手を起用したポスター及び人権啓発動画を作成しました。
    ポスターはこちら
     動画は、当局YouTubeチャンネルで公開しています。
     ⚫中村仁郎選手 
     ⚫宇佐美貴史選手
   ⚫福田湧矢選手

【大阪エヴェッサと連携・協力した人権啓発活動】
    大阪エヴェッサの選手を起用した人権啓発動画を作成しました。
    動画については、当局YouTubeチャンネルで公開しています。
    こちらからご視聴いただけます。

憲法週間とは

 毎年5月3日の憲法記念日を含む5月1日から7日までの1週間を「憲法週間」とし、法務省の機関では、裁判所や弁護士とも協力の上、憲法の精神や司法の機能を国民に理解してもらうための取り組みを行っています。

 大阪法務局における令和4年度憲法週間行事予定はこちら

人権啓発活動ネットワーク協議会

 地域の中で、地方公共団体をはじめ人権啓発に関わる様々な機関・団体と連携・協力して、総合的かつ効果的に人権啓発活動を推進していくために、横断的なネットワークをつくり活動しています。このネットワークを「人権啓発活動ネットワーク協議会」といいます。構成員は、以下のとおりです。

大阪人権啓発活動ネットワーク協議会

大阪法務局
・大阪府人権擁護委員連合会
大阪府
社会福祉法人大阪府社会福祉協議会

人権啓発活動大阪地域ネットワーク協議会

大阪法務局
・大阪法務局北大阪支局
・大阪第一人権擁護委員協議会
・大阪第二人権擁護委員協議会
・大阪第三人権擁護委員協議会
・三島人権擁護委員協議会
社会福祉法人大阪市社会福祉協議会
大阪市
守口市
枚方市
寝屋川市
大東市
門真市
四條畷市
交野市
豊中市
吹田市
池田市
高槻市
茨木市
箕面市
摂津市
島本町
能勢町
豊能町

人権啓発活動東大阪地域ネットワーク協議会

・大阪法務局東大阪支局
・東大阪人権擁護委員協議会
東大阪市
八尾市
柏原市

人権啓発活動堺・南大阪地域ネットワーク協議会

・大阪法務局堺支局
・大阪法務局富田林支局
・堺人権擁護委員協議会
・富田林人権擁護委員協議会
堺市
富田林市
河内長野市
松原市
羽曳野市
高石市
藤井寺市
大阪狭山市
河南町
太子町
千早赤阪村

人権啓発活動泉州地域ネットワーク協議会

大阪法務局岸和田支局
・岸和田人権擁護委員協議会
岸和田市
泉佐野市
泉大津市
貝塚市
和泉市
泉南市
阪南市
忠岡町
田尻町
熊取町
岬町

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。Adobe Reader ダウンロードページ
※上記プラグインダウンロードのリンク先は2015年3月時点のものです。

大阪法務局大阪法務局の業務取扱時間
〒540-8544 大阪市中央区谷町2丁目1番17号 大阪第2法務合同庁舎
電話:06-6942-1481