第38回全国中学生人権作文コンテスト大分県大会の結果について

更新日:2019年2月7日

  法務省と全国人権擁護委員連合会では,次代を担う中学生の皆さんに人権問題についての作文を書いていただくことを通じて,人権尊重の重要性,必要性について理解を深めるとともに豊かな人権感覚を身に付けていただくことを目的として,昭和56年度から毎年,全国中学生人権作文コンテストを実施しており,本年度で38回目を迎えました。
 本年は県内126校の中学生から22,123編の作品が寄せられ,その中から大分地方法務局長賞など各賞14編及び奨励賞10編の計24編が入賞しました(最優秀賞のうち,大分地方法務局長賞,大分県人権擁護委員連合会長賞の作品は,中央大会へ出品され,法務事務次官賞,奨励賞を受賞しました。)。
 また,昨年度の第37回大分県大会から,特別支援学校又は中学校の特別支援学級に在籍する生徒が応募しやすい環境を整えるため,独自の取組として表現形式を作文に限定せず,表現の幅を広げることとした「自由表現部門」を創設しました(県内5校から絵画,書写など147作品が寄せられ,その中から自由表現力賞3作品及び奨励賞5作品の計8作品が入賞しました)。
 平成31年3月には,作文部門最優秀賞作品及び優秀賞作品並びに自由表現部門自由表現力賞作品及び奨励賞作品を掲載した「第38回全国中学生人権作文コンテスト大分県大会入賞作品集」を発行します。
 本作品集を御希望の方は,大分地方法務局人権擁護課(TEL097-532-3161 ※音声ガイダンスで「4」を選択)までお問い合わせください。

【作文部門作品】 こちらからお読みになれます。
《最優秀賞》                                    
大分地方法務局長賞 障害があるということ
    大分市立大東中学校1年 原 優奈
大分県人権擁護委員連合会長賞 境界線のない社会へ
    大分市立原川中学校2年 熊谷 一輝
《優秀賞》
大分県教育委員会教育長賞 スポーツ・オブ・ハート
    杵築市立宗近中学校3年 塚本 そよ
大分合同新聞社賞 私の姉
    臼杵市立東中学校1年 緒環 衣桜
NHK大分放送局賞 私の経験から
    宇佐市立北部中学校1年 梶原 優衣
朝日新聞社賞 私の大切な友人のお話
    大分市立原川中学校2年 T・R
読売新聞西部本社賞 いちばんの武器
    中津市立豊陽中学校3年 藥丸 泉水
毎日新聞社賞 一人で悩まない
    臼杵市立東中学校2年 兒玉 ひより
西日本新聞社賞 生きる権利と死ぬ権利
    日出町立日出中学校3年 角 萌乃
OBS大分放送賞 身近な「人権」を考える
    日出町立大神中学校3年 間部 陽菜
TOSテレビ大分賞 私の存在意義
    臼杵市立西中学校3年 三浦 茉夏
OAB大分朝日放送賞 太陽でありたい
    学校法人岩田学園岩田中学校3年 吉野 夏未
エフエム大分賞 平和とは日常を守ること
    宇佐市立駅川中学校1年 矢野 亜依
大分トリニータ賞 貫きたいもの
    由布市立庄内中学校3年 大西 真之介

【自由表現部門】 こちらからご覧いただけます。
《自由表現力賞》
大分地方法務局長賞 みんなで楽しく運動会
    大分県立日田支援学校1年 田中 美結
大分県人権擁護委員連合会長賞 おにいちゃんとわたし
    大分県立宇佐支援学校1年 永竿 涼音
大分地方法務局長賞 とも
    大分県立佐伯支援学校2年 神毛 勇輝
《奨励賞》
ぼくの顔
    大分県立大分支援学校2年 野田 拓馬
フレー!フレー!
    大分県立南石垣支援学校3年 掛川 幸子
みんなのおやつの木
    大分県立宇佐支援学校3年 野口 一樹
友だちと一緒に協力して頑張った運動会
    大分県立日田支援学校2年 幸野 侑斗
ともだち
    大分県立佐伯支援学校3年 神志名 陽

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。Adobe Reader ダウンロードページ
※上記プラグインダウンロードのリンク先は2015年3月時点のものです。

大分地方法務局大分地方法務局の業務取扱時間
〒870-8513 大分市荷揚町7番5号 大分法務総合庁舎
電話:097-532-3161