人権啓発活動とは,どのようなものですか。【人権擁護に関する質問】

 人権とは,ひとくちでいえば,「社会において幸福な生活を営むために必要な人間として当然に持っている固有の権利」ということができます。人権啓発とは,その人権尊重の理念に関する国民相互の理解を深めるための活動です。
 具体的には,シンポジウム・講演会・座談会・討論会・映画会などの開催,各種イベントへの参加,テレビ・ラジオ・有線放送などによる放送,新聞・広報紙への掲載,パンフレット・リーフレットなどの配布,ポスター・懸垂幕・横断幕・立看板の掲示,広報車による巡回などのいろいろな活動を行っています。人権啓発活動は,人権侵害を未然に防ぐために必要不可欠なものなのです。
 特に,1948年の国際連合第3回総会で世界人権宣言が採択されたのを記念し,世界人権宣言が採択された12月10日が「人権デー」と定められ,我が国では,毎年12月10日を最終日とする1週間を「人権週間」と定め全国的な啓発活動を展開しています。
 また,全国人権擁護委員連合会では,人権擁護委員法が施行された日(昭和24年6月1日)を記念して,昭和57年から毎年6月1日を「人権擁護委員の日」と定め,「全国一斉『人権擁護委員の日』特設人権相談所」を開設したり,地域住民に人権への理解を深めるための啓発活動を全国的に展開しています。
 さらに,昭和56年度から中学生に対して,作文を書くことを通じて人権尊重の重要性,必要性について理解を深めてもらうとともに豊かな人権感覚を身につけてもらうことを目的として,「全国中学生人権作文コンテスト」を,昭和57年度以来,主に小学校を対象として花の栽培を通じて児童の情操を豊かにし,優しい思いやりの心を体得して貰うことを目的に,「人権の花運動」を,平成15年から小・中学校の児童・生徒を対象に,それぞれの学年に応じた人権に関するビデオを観てもらい,その感想や意見を発表してもらうなど,みんなで一緒に人権について考えてもらうことを目的に「思いやりの心を育てる人権教室」等を実施しています。

本Q&Aに関連する情報

みんなともだち~マンガで考える「人権」~

人権ポスターギャラリー

人権教育・啓発に関する基本計画

人権関係広報資料のご案内

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680