同和問題に関する人権問題はどのようなものがありますか。【人権擁護に関する質問】

【同和問題について】
 同和問題とは,日本社会の歴史的発展の過程で形づくられた身分差別により,日本国民の一部の人々が長い間,経済的,社会的,文化的に低位の状態を強いられ,今なお結婚を妨げられたり,就職で不公平に扱われたり,日常生活の上でいろいろな差別を受けるなどするもので,我が国固有の重大な人権問題です。
 この問題の解決を図るため,国は,地方公共団体等とともに,昭和44年以来三度にわたる特別措置法に基づき地域改善対策に係る関係諸施策を実施し,同和地区の劣悪な環境を始めとする物的な基盤整備は着実に成果を上げ,ハード面における一般地区との格差は大きく改善されましたが,結婚問題を中心とする差別事象はいまだに後を絶っていません。
 法務省の人権擁護機関としても,部落差別の解消を目指して積極的な啓発活動を展開していきます。


【えせ同和行為の排除】
 同和問題の解決のための啓発活動の大きな阻害要因になっているものに,いわゆるえせ同和行為の横行があります。えせ同和行為とは,「同和問題はこわい問題である」という人々の誤った意識に乗し,例えば,同和問題に対する理解が足りないなどという理由で難癖をつけて高額の書籍を売りつけるなど,同和問題を口実として不当な利益や義務なきことを求める行為を指します。
 えせ同和行為に対しては,昭和62年に全省庁参加の下,「えせ同和行為対策中央連絡協議会」が,地方においても,法務局,地方法務局を事務局として「えせ同和行為対策関係機関連絡会」が設置され,えせ同和行為を排除するための取組を行っています。


《えせ同和行為でお困りの方は,以下の連絡先にご相談ください。》
◎鹿児島地方法務局人権擁護課    TEL 099-259-0684
◎鹿児島県警察本部暴力団対策課   TEL 099-206-0110
◎鹿児島県弁護士会            TEL 099-226-3765

本Q&Aに関連する情報

人権相談トップページ(ひとりで悩まずにご相談ください)

人権関係広報資料のご案内

「えせ同和行為」を排除するために

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680