障害のある人に関する人権問題はどのようなものがありますか。【人権擁護に関する質問】

 障害のある人を含むすべての人々にとって住み良い平等な社会づくりを進めていくためには,国や地方公共団体が障害のある人に対する各種施策を実施していくだけでなく,社会を構成するすべての人々が,障害のある人に対して十分な理解をし,配慮していくことが必要です
 我が国の障害者施策は,「ノーマライゼーション」を基本理念の一つとし,障害のある人の「完全参加と平等」の目標の下に進められています。ノーマライゼーションの理念とは,障害のある人が障害のない人と同等に生活し,活動する社会を目指すという考え方です。
 人権擁護機関が人権侵犯事件として調査を行った事案の中には,障害のある人が車椅子での入店を拒否された,アパートへの入居を拒否されたなどの,障害のある人に対する正しい理解や配慮の不足が原因となっているものが見受けられます。

本Q&Aに関連する情報

人権相談トップページ(ひとりで悩まずにご相談ください)

人権擁護委員をご存じですか

人権教育・啓発に関する基本計画

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680