登記の申請は,誰がすることになるのですか。【登記に関する質問】

 所有権の移転など権利に関する登記の申請は,原則として登記権利者と登記義務者が共同してすることになります。登記権利者とは,登記をすることによって登記上直接利益を受ける者で,登記義務者とは,登記をすることによって不利益を受ける者です。
 土地の売買を例にすると,登記簿上,買主は売主から所有権の移転を受けて登記簿上の権利を取得するという利益を得ますので,登記権利者となります。一方,売主は買主に所有権を移転して登記簿上の権利を喪失するという不利益を受けるので,登記義務者となります。
 なお,例外として,表示に関する登記,判決又は相続による登記などは,登記権利者のみで申請することができます。

本Q&Aに関連する情報

不動産登記のABC

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680