登記とは?【登記に関する質問】

 登記とはどのような仕事ですか。

 登記制度は,国民の皆様の土地・建物や会社・法人などを公示するとともに,円滑な取引と安全に寄与しています。
 土地や建物などの不動産は,国民の皆様の重要な財産です。この重要な財産の一つ一つの土地や建物ごとにファイル(登記簿)を設けて,所在・面積・所有者・担保の有無(抵当権)等の権利関係を公示(登記)をして,円滑な取引と安全を保障しています。例えば,土地を買って,その所有権を他の人に主張したりするためや不動産を担保としてお金を借りるためには,所有権移転や抵当権設定等の登記が必要となります。
 このほかに,株式会社などの会社や社会福祉法人などの法人の商業・法人登記も取り扱っており,これらの会社や法人の本店・目的・役員等を公示(登記)して,取引の安全性が保たれるようにしております。
 また,電話やインターネットを利用して,登記手続きについてお答えする登記・供託インフォメーションサービス(アドレス http://www.moj.go.jp/MINJI/minji16.html)を備えています。
 さらに,自宅や事務所のインターネットを利用して全国の登記所の登記簿を見ることのできる登記情報提供サービス(アドレス http://www.touki.or.jp/)が開始されています。
 加えて,登記所間において,互いの登記事項証明書(従来の登記簿謄本)の交付を受けることができる登記情報交換システムも開始されております。例えば,これまで郵送によって請求していた東京都の土地の登記事項証明書(従来の登記簿謄本)を鹿児島の本局登記部門で受け取ることが可能となります。
 詳しくは最寄りの法務局にお尋ねください。

本Q&Aに関連する情報

不動産登記のABC

不動産登記情報交換システムについて

商業・法人登記情報交換システムについて

会社・法人の登記簿・謄本等を請求される方へ

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680