不動産の登記簿には,どのようなことが書いてあるのですか。【登記に関する質問】

 登記簿は1筆の土地,1個の建物ごとに1単位の登記記録が備えられています。そして,1つの登記記録は「表題部」,「甲区」,「乙区」という3つの部分から成り立っています。
 表題部にする登記を「表示に関する登記」といいます。甲区・乙区にする登記を「権利に関する登記」といいます。

〔表題部〕
 土地の表題部には,所在,地番,面積等のほか,分筆,合筆,地積更正などの経緯などが記録されています。建物の表題部には,所在,家屋番号,種類,構造,床面積,付属建物の表示のほか新築年月日,増築による床面積などの経緯が記録されます。マンションなどの区分建物については,その建物の敷地に関する権利(敷地権)が記録される場合があります。この敷地権についての権利関係は,区分建物の甲区,乙区の登記によって公示されます。

〔甲区〕
 所有権に関する事項が記録されています。その所有者は誰で,いつ,どんな原因(売買,相続など)で所有権を取得したかがわかります。
 具体的には,所有権移転,所有権に関する仮登記,所有権抹消,差押,買戻,破産などが記録されます。

〔乙区〕
 抵当権など所有権以外の権利に関する事項が記録されています。
 具体的には,抵当権,根抵当権,地上権,地役権,賃借権,質権,採石権などが記録されます。  

本Q&Aに関連する情報

不動産登記のABC

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680