国側の代理人となることのできる根拠はなんですか。【訟務に関する質問】

 国を当事者又は参加人とする訴訟については,法務大臣が,その所部の職員又は所管行政庁の職員を指定して訴訟を行わせることができるものとされ(「国の利害に関係のある訴訟についての法務大臣の権限等に関する法律」第2条),行政庁を当事者又は参加人とする訴訟については,行政庁又は,法務大臣がそれぞれの所部の職員を指定して訴訟を行わせることができるものとされています(同第5条第1項,第6条第2項)。このように,法務大臣又は行政庁がその所部の職員を指定して訴訟を行わせる場合の,その指定された職員を「指定代理人」と呼んでいます。

本Q&Aに関連する情報

訟務制度とその役割

訟務事務の内容

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680