家主(貸主)が家賃を受領してくれません。どうしたらよいですか。【供託に関する質問】

 条件が整えば「受領拒否」を原因とする弁済供託をすることができます。

【「受領拒否」の場合の供託原因】
 弁済供託によって,債務を消滅させるためには,供託原因があることが必要です。供託原因としての「受領拒否」とは,例えば,債務者が弁済期日に弁済の目的物を債権者の現在の住所地に持参して受領を催告するなど,弁済者,弁済の目的物,弁済の場所及び弁済の時期等債務の本旨に従った適法な弁済の提供をしたにもかかわらず,債権者がこれに応じなかった場合等をいいます。
 したがって,受領拒否を理由として供託する場合には,弁済者は,供託をする前にまず弁済の提供をする必要があります。
 なお,例えば,明渡訴訟が係争中であるなど,債権者が弁済の受領をしないことが明らかである場合は,弁済の提供をすることなく弁済供託をすることができます。ただし,家賃の値上げを要求されたというだけでは,債権者による受領拒絶が明白であるとはいえず,弁済の提供を必要とします。受領しない意思が明確か否かは個々の事案により判断することになります。

【供託所】
 債務履行地の供託所(ただし,債務履行地である最小行政区画(市町村及び東京都の特別区)に供託所が存在しない場合は,その地包括する行政区画内(都道府県)における最寄りの供託所)において供託の手続を行う必要があります。

本Q&Aに関連する情報

供託手続き

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680