郵送による供託は認められていますか。【供託に関する質問】

 郵送による申請は,供託するときも,供託金の払い渡しを受けるときも認められています。
 供託金は,供託所(現金取扱庁)又は指定する日本銀行代理店に納めなければなりませんが,国民の皆様の利便と安全性を図るために供託所の指定する口座に振り込む制度がありますので,利用者が遠隔地にあるときや供託金が高額の場合など便利です。
 郵送の場合の供託金の提出方法については,現金書留を利用する方法(現金取扱庁に限る),振込方式を利用する方法及び電子納付を利用する方法があります。

〔振込方式の手順〕※振込手数料は,お客様の負担になります。
 (1)供託書を提出 
 (2)供託者に振込依頼書を発行 
 (3)その振込依頼書により,指定口座に入金
 (4)銀行から供託所へ入金のファックス
 (5)供託書正本を供託者に送付し完了

〔電子納付の手順〕※振込手数料は,お客様の負担になります。
 (1)供託書を提出 
 (2)供託者に納付情報を告知 
 (3)納付情報に基づきインターネットバンキング等を利用して納付
 (4)日本銀行(代理店)から供託所へ納付済情報の通知
 (5)供託書正本を供託者に送付し完了

本Q&Aに関連する情報

供託手続き

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680