供託の申請は,どのようにしたらよいのですか。【供託に関する質問】

 供託をするには,供託の種類に応じて定められた様式による供託書に必要な事項を記載して,供託物を添えて供託所に提出(郵送による提出も可能)する必要があります。また,インターネットを利用したオンラインによる申請も可能です。
 供託の申請は,供託者本人(供託をしようとする者が法人である場合は,その代表者)がする必要がありますが,代理人や使者による申請も認められています。
 供託金の提出方法については,現金の受入れを直接取り扱っている供託所(鹿児島地方法務局供託課)に金銭の供託をする場合は,供託書や添付書類とともに供託金の提出が必要ですが,現金の受入事務を取り扱っていない供託所(鹿児島地方法務局霧島支局,知覧支局,川内支局,鹿屋支局,奄美支局)に金銭の供託をする場合には,供託書を提出した後,供託官の指定する納入期日までに各供託所の指定する日本銀行の代理店に供託金の払込み又は有価証券の提出をすることになります。
 なお,その他の方法として,電子納付やインターネットバンキング,振込方式で供託金を払い込むこともできます。

本Q&Aに関連する情報

供託手続き

法務省オンライン申請システムのご案内

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680