供託金を受け取る方法はどんな方法がありますか。【供託に関する質問】

 供託金払渡請求書(還付又は取戻)が提出されると,供託官が請求が適法であるかどうか審査し,適法であれば,払渡請求が認可されます。払渡請求が認可されると利息を付すべきときは元利金と利息が支払われ,受け取る方法は,小切手を受領する方法と口座に振り込む方法があります。

【小切手を受領する方法】
 小切手が振り出されると,請求者は,受領を証明するため,払渡請求書の「受取人氏名印」欄に氏名を記載し,押印(この印は,請求書に押印されているものと同一でなければなりません。なお,代理人により受け取るときは,本人の氏名及び代理人の氏名・押印が必要です。)し,これと交換に小切手を受領します。金銭供託の払渡しの場合の供託金の交付は,小切手でなされますが,この小切手は,日本銀行あての記名式持参人払式の小切手ですから,誰でも1年以内に日本銀行に提示して現金化できます。
 急いで現金が必要な場合には,小切手の受領をおすすめします。

【口座振込みの方法】
 供託官は,請求者の申出のあるときは,小切手の交換に代えて,日本銀行が指定した金融機関の店舗における当該請求者本人の預金又は貯金に直接振り込む方法により供託金を支払うことができます。
 この手続は,例えば,債権者が遠隔地にあって供託所へ出頭できないため郵便により供託金払渡請求をする場合や,供託金が多額のため小切手を金融機関に持参することが危険なときなどにされると便利です。
 口座振込みは,日本銀行を経由して市中銀行の請求者本人の指定口座に振り込まれますので,振込み手続きを行ってから3日ほどかかりますのでご了承ください。
 
【隔地払いの方法】
 供託金の交付は,請求者が希望するときは,供託所の保管金取扱店である日本銀行の店舗の所在地外の日本銀行の店舗又は供託官の定める銀行の店舗(例えば,供託所のあるA県の日銀支店ではなく,B県の日銀支店又は日銀の指定するC県のD銀行)への送金手続を依頼することができます。

本Q&Aに関連する情報

供託手続き

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680