供託の払渡請求は,どのようにしたらよいのですか。【供託に関する質問】

 供託物の払渡請求者は,供託物払渡請求書(供託物が金銭の場合は,供託金払渡請求書1通,供託物が有価証券の場合は,供託有価証券払渡請求書2通)を作成し,所定の添付書類とともに供託所に提出して払渡請求を行います。払渡請求の用紙は,供託所に備え付けられており,窓口で請求すれば無料で交付されます。
 供託物の払渡しには,「還付」,「取戻」の二つの場合があります。
 「還付」とは,供託関係に基づく権利者である被供託者(例えば,地代・家賃の弁済供託で地主・家主の立場にある者)に対して供託物(地代・家賃等)が払い渡される場合であり,「取戻」とは,反対に供託原因の消滅などによって供託者に供託物が取り戻される場合をいいます。
 供託物の払渡しを請求する場合,このどちらの立場に立つかによって払渡しの請求が認められる要件や必要な添付書類が異なりますので,ご注意ください。

【還付請求が認められる要件】
(1)被供託者が確定していること

(2)被供託者の供託物に対する実体上の請求権が確定していること

(3)被供託者の供託物に対する実体上の請求権を行使するについて条件が成就していること


【取戻請求が認められるいずれかの要件】
(1)その供託が錯誤の供託であって無効のとき

(2)供託後に供託原因が消滅したとき

(3)供託を有効とした判決が確定していないこと

(4)弁済供託で被供託者が供託を受諾していないこと

本Q&Aに関連する情報

供託手続き

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680