帰化の条件としては,どのようなものがありますか。【戸籍・国籍に関する質問】

 帰化とは,日本国籍を有しない外国人からの日本国籍を希望する意思表示(申請)に対し,法務大臣が帰化を許可することによって日本国籍を与える制度です。
 帰化の一般的な条件は,国籍法5条に規定されており,次のとおりです。
 なお,父又は母が日本人である方,日本人と結婚している方などについては,これらの条件が緩和あるいは免除される場合があります。詳しくは法務局にお尋ねください。

【住所条件】
 引き続き5年以上日本に住所を有することが必要です。

【能力条件】
 20歳以上で本国法によって能力を有することが必要です。

【素行条件】
 素行が善良であることが必要です。

【生活条件】
 自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができることが必要です。

【重国籍防止条件】
 帰化しようとする者は,国籍を有しないか,又は日本の国籍の取得によってそれまでの国籍を喪失することが必要です。

【憲法遵守条件】
 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て,若しくは主張し,又はこれを企て,若しくは主張する政党その他の団体を結成し,若しくはこれに加入したことがないことが必要です。

本Q&Aに関連する情報

国籍法

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680