• 鹿児島地方法務局トップページ
  • よくある質問(Q&A)
  • 数か月前に夫が死亡し,郵便局で簡易保険の死亡保険金の受取りを請求したところ,郵便局から「死亡診断書の写し」を持ってくるように言われました。どのように請求したらよいのですか。【戸籍・国籍に関する質問】

数か月前に夫が死亡し,郵便局で簡易保険の死亡保険金の受取りを請求したところ,郵便局から「死亡診断書の写し」を持ってくるように言われました。どのように請求したらよいのですか。【戸籍・国籍に関する質問】

 戸籍の届書は市町村役場に提出されますが,提出された届書は翌月の20日までに管轄法務局に送付される取扱いとなっています。
 死亡届書の右側は「死亡診断書(死体検案書)」となっており,死亡した人の死亡を確認した医師がその欄を記載することとなっています。そして,郵便局の簡易保険(支払保険金が100万円を超えるものに限る),社会保険事務所の遺族年金等の請求手続きの際に,「死亡診断書の写し」が必要とされている場合がありますが,法務局に請求のあった場合は,これを『死亡届の記載事項証明書』として交付しています。

【請求場所】
 死亡者の死亡時の本籍地を管轄する法務局

 例えば,鹿児島県であれば,
  〔鹿児島地方法務局戸籍課・・・・・099-259-0668〕
  〔鹿児島地方法務局霧島支局・・・0995-45-0064〕
  〔鹿児島地方法務局知覧支局・・・0993-83-2208〕
  〔鹿児島地方法務局川内支局・・・0996-22-2300〕
  〔鹿児島地方法務局鹿屋支局・・・0994-43-6790〕
  〔鹿児島地方法務局奄美支局・・・0997-52-0376〕
 のいずれかの法務局に請求できます。
 
※ 届書が市町村役場から管轄法務局に送付されるまでは,死亡者の本籍地の市町村役場に請求することになります。


【請求できる人】
 簡易保険,遺族年金等を請求するにあたって,利害関係を有する人,またはその代理人。

※ 「利害関係を有する人」とは,死亡届の届出人又は親族を指し,単に財産上の利害関係があるというだけでは該当しません。また,親族であっても死亡保険金の受取人,遺族年金の受給権者でなければ利害関係人には該当しません。


【持ってくる物】
◎ 請求者の身分証明書(運転免許証,健康保険証など)

◎ 「死亡届の記載事項証明書」を必要とすることを確認できる書面(保険証書・年金証書など)

◎ 請求者が死亡者の相続人であることを確認できる戸籍・除籍謄本

◎ 代理人が請求する場合は,
  1 委任状
  2 代理人の身分証明書(運転免許証等)

◎ 印鑑(認印でも構いません)

本Q&Aに関連する情報

管轄一覧表

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680