外国人が婚姻の届出をするには,届書のほかに,どんな書類を提出すればよいのですか。【戸籍・国籍に関する質問】

 外国人が,市町村の戸籍届出窓口に婚姻の届出をし,有効な婚姻を成立させるためには,その人の本国の法律が定めている婚姻の成立要件(婚姻できる年齢に達していること,独身であることなど)を満たしていることが必要ですから,市町村では婚姻届を受理するに当たって,この点を審査します。その証明のため,日本人については戸籍謄本を,外国人については国籍証明書,出生証明書及び婚姻要件具備証明書等を提出してもらうという方法が採られています。
 婚姻要件具備証明書は,婚姻をしようとする外国人の本国の大使,公使又は領事など権限を持っている者が本国法上その婚姻に必要な要件を備えていることを証明する書面です。
 なお,国によっては,要件具備証明書を発行しないところもあります。その場合は,出典を明示した法文の写し及び独身証明書等を提出する必要があります。
 婚姻要件具備証明書など,外国語で書かれた書類を提出する際には,そのすべてに日本語の訳文を付け,また,誰が翻訳したのかを記入しておかなければなりません。翻訳者は本人でも構いません。

本Q&Aに関連する情報

国際結婚、海外での出生等に関する戸籍Q&A

鹿児島地方法務局鹿児島地方法務局の業務取扱時間
〒890-8518 鹿児島市鴨池新町1番2号
電話:099-259-0680