第37回(平成29年度)全国中学生人権作文コンテスト福岡県大会最優秀作品(日本語,英語訳及び中国語訳)について

更新日:2018年2月23日

 福岡法務局と福岡県人権擁護委員連合会では,次代を担う中学生の皆さんが,作文を書くことを通して,人権尊重の大切さや基本的人権について理解を深め,豊かな人権感覚を身に付けることを目的として,昭和56年度から「全国中学生人権作文コンテスト福岡県大会」を実施しています。
 第37回(平成29年度)全国中学生人権作文コンテスト福岡県大会最優秀作品について,日本語,英語及び中国語の翻訳文を掲載しています。
 37回目を迎えた今大会の最優秀賞3編の作品を,是非ご覧ください。
 なお,本作品は,福岡県人権啓発活動ネットワーク協議会ホームページに掲載しています。
 「福岡県人権啓発活動ネットワーク協議会」
 http://www.moj.go.jp/jinkennet/fukuoka/fukuoka_index.html

   ※英語訳(English)   ※中国語訳(Chinese)

【最優秀賞(3編)】
1 最優秀賞(中央大会人権擁護局長賞受賞作品)
  筑紫女学園中学校 2年 吉住 奏音
    「出生前診断」をどう考えるか?
   生まれてくる子どもの人権と両親の思いについて考えたこと
  ※日本語(Japanese)  ※英語訳(English)  ※中国語訳(Chinese)

2  最優秀賞(中央大会奨励賞受賞作品)
  大野城市立平野中学校 2年 石田 葉那
    「私にもできるボランティア」
  ※日本語(Japanese)   ※英語訳(English)  ※中国語訳(Chinese)

3 最優秀賞(中央大会奨励賞受賞作品)
  小竹町立小竹中学校 3年 宮田 萌
    「差別のない社会へ」
  ※日本語(Japanese)  ※英語訳(English)  ※中国語訳(Chinese)

福岡法務局福岡法務局の業務取扱時間
〒810-8513 福岡市中央区舞鶴3丁目5番25号
電話:092-721-4570(代表)